スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【雑記】 タバコが1000円になったら

旬を外した話題を好む男、takです。
ちょっと前からタバコが一律1000円に値上げされるという話題が取り沙汰されております。
政府はタバコ税増収を目論んでいる訳ですが、そう簡単に行くのかしら?
他に検証しているサイトが見つからなかったので、自力で検証してみる。

まずは現状把握。
タバコ税は1箱(300円)あたり約190円。「たばこ税のしくみ@JT」
税収は約2兆2000億円。
単純に割り算すると、約115.8億箱が売れていることになる。

次にタバコ税が1000円になったらどうなるか。
1箱1000円ならばタバコ税は890円。
これに個数を掛けると・・・10兆3000億円!
スゲエ!これは増税するしか!

なんて思ったら、タスポを作った財務省役人と同じレベルです。

今の税収を維持するには、24.7億箱売る必要がある。
これは今の個数の21.3%。
つまり、現役喫煙者の約20%が喫煙を続け、かつ同量を吸わなければならない。

「20%なら大丈夫じゃね?」と思いましたか?実際はどうだろう?
問題は現役喫煙者と市場の動向に集約される。

まずは喫煙者数について、以下の記事がありました。
「製薬会社ファイザーが4月、喫煙者9400人へのアンケートで「価格がどれぐらいになれば禁煙するか」と尋ねたところ、「500円」で54%、「千円」で79%の人が禁煙すると答えたという。 」
http://www.asahi.com/health/news/TKY200805300303.html
タバコが1000円になったら、喫煙者の8割が禁煙するらしい。「できるのか?」ってツッコミは置いといて(笑
この時点で喫煙者数は20%となり、今の税収を維持するのがやっととなる。

だが、話はここで終わらない。
タバコ1箱の値段が3倍になるのだから、タバコに掛けるお金が増えない限り、喫煙量は1/3になるのが妥当だろう。
よって、喫煙者20%が喫煙量を33%に抑えることになり、タバコの売り上げ個数は6.6%となる。

ヤバイ、もうヤバイ。税収破綻したw


次に市場の動向について。
タバコの全売り上げに占める自販機の割合は約40%と言われる。
タバコが1000円になったとして、果たしてどれだけの自販機が生き残れるだろう?
値段が上がっても利益はゼロ。自販機オーナーにしたら、純粋に売り上げが1/3になるのと同じことなのだ。やってられない。
俺だったら即行、自販機をジュースか31アイスクリームに置き換える。
また、街角のタバコ屋も生き残れず、コンビニでもこんな夫婦の笑顔がプリントされた食器の引き出物並に不要な商品は扱わなくなるだろう。

つまり、買いたくても買えない状況に陥ることは目に見えている。特に自販機しかない地方では顕著だろう。
40%の販路縮小となるとして、売り上げ個数は4%。
税収としては今の1/5程度になる。


まとめよう。
タバコ1000円にするに当たって、今と同じだけの税収を得るには売り上げ個数を21.3%確保しなければならない。
しかし試算の結果、売り上げは4%に落ち込むことになり、現状の税収を大きく下回る結果となった。


ざっと試算した結果ですが、どうでしょうか?
ちなみに俺は喫煙者ですが、タバコ1000円になったら禁煙します。
嫌煙者が思うほど、喫煙者はタバコに執着してないもんですよ。

さて、今後の推移がどうなるか?楽しみです。

-----------------------------------------------------
↓「いいねー」と思ったらポチッと。応援励みになります。
にほんブログ村 デザインブログ プロダクトデザインへ
スポンサーサイト

theme : 雑記
genre : 学問・文化・芸術

tag : タバコ 1000円 喫煙

【雑記】 個人情報保護とは

以前タスポと個人情報について書きました。
アクセスログを見ていると「タスポ 個人情報」ってキーワードで検索して、ウチに流れて来られる方が多いようなので、もうちょっと個人情報保護について掘り下げたいと思う。

2005年に個人情報保護法が施行され、事業者が個人情報保護を怠ると罰則が適用されることになった。
これはこれでメデタイ事なのだけど、だからと言って個人の情報管理をしなくて良いかというとそうでもない。
相変わらず名簿屋ビジネスは横行しているし、そもそも事業者が流出させてしまう可能性は0ではない。結局ツケを払うのは消費者なのです。
やはり消費者が自ら個人情報を保護する必要があるのだと思う。

ではどうやって保護するのか?の前に、個人情報がどのように扱われるのかを話したい。
収集された個人情報は、まず間違いなくデータベース化される。データベース化とは関係(属性)の構築のこと。
・・・分かりにくいね。
例えば、Aさんは男性で会社員で30歳で東京都に住んでいるとする。
これをデータベース化すると、下のようになる。
 氏名 職業  年齢 住所
 A   会社員 30  東京都
ここに、新たにAさんの趣味はAV鑑賞という情報(属性)が手に入ったとする。
これをデータベースに追加すると、下のようになる。
 氏名 職業  年齢 住所  趣味
 A   会社員 30  東京都 AV鑑賞
あ、俺じゃないですよ?

こうして一度データベース化されてしまうと、氏名「A」で検索すればその属性がいつでも取り出せるようになる。
AさんはAV鑑賞大好きという烙印を押され、これらのデータベースはマーケティングやダイレクトメールの送信先に使われることになる。Aさんの元には新作AVの広告が届くことでしょう。
※実際は同姓同名を避けるために識別番号を割り振ったりする必要があって、単純に結合できないんだけど、分かりやすくするために単純化してます。

消費者自ら行う個人情報保護とは、これらのデータベースにどんな情報を追加させるか選別すること。
情報の価値は、住所氏名年齢といった誰でも持っているもの程低く、趣味年収学歴病歴といった個性的なもの程高くなるのが基本。
求められた情報を素直に差し出すのではなく、その情報にどんな価値があるか、どんな使われ方をするか、しっかり吟味した上で必要な情報のみ公開するようにしたい。
ネットのアンケートなんかで、必須事項でもないことまで律儀に書いてやしませんか?「きめ細かいサービスを受ける為」と割り切っていればいいですが、「記入欄があったから書いた」という人は、もうちょっと警戒しましょう。

タスポと個人情報で言いたかったのは、「喫煙者」という個人的でネガティブな情報を簡単に差し出しちゃっていいんですか?ということ。
決して登録するなと言っているわけではなくて、登録することのメリット、デメリットをしっかり考えましょうという呼びかけです。

かく言う俺も、賃貸契約書の緊急連絡先に職場の住所を書いてしまい、それから頻繁にマンションのセールス電話が掛かってくるようになった。
大手といえども信用できないッス・・・。

-----------------------------------------------------
↓「いいねー」と思ったらポチッと。応援励みになります。
にほんブログ村 デザインブログ プロダクトデザインへ

theme : 思うこと
genre : 学問・文化・芸術

tag : タバコ 個人情報 タスポ

プロフィール
バリネコ
コメント歓迎であります。

Author:tak

カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
CssTagCloud

GUI  デザイン  ユーザビリティ  書評  やさしい  UI  文章  視認性  お気に入り  発明  個人情報  タスポ  コンペ  WEB  アフォーダンス  あるある  アイコン  タバコ  息子  帰省  1000円  喫煙  価値  人間  テレアポ  発明学会  家具  運が悪い  エコバッグ  ライフサイクル  構造化  自由度  ゲーム  ボタン  メンタルモデル  音楽動画  効果音  家電批評  ヒューマンエラー  ブログ  ケータイ  ユニバーサルデザイン  雑学  ソニータイマー  副都心線  

FC2カウンター
人気記事
広告
ブログ内検索
リンク
オススメ書籍
RSSフィード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。