スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ID:0015】 気づかいから生まれるデザイン

来年6月に引越しすることになってましてね。
引越しといっても同じ神奈川県内でちょっと横浜から離れる程度の移動で、特に大きな変化があるわけじゃないんですが。
そういうわけで、引越し先のご近所さんに挨拶まわりに行ってきました。

まあ人見知りの俺は妻の後ろでゴニョゴニョと相槌打ってただけなんですが(笑

いわゆる閑静な住宅街ってヤツだけあって、ご近所さんはどちらもツンツンしている感じが無く、にこやかに受け入れてもらえました。
いや、良かった良かった。
安心したと同時に「ご近所付き合い」というミッションが間近にせまっていることを感じた。
実家を出てから今まで賃貸生活で、ご近所付き合いなんてロクにしてなかったからな。
楽しみ半分不安半分といったところか。
地域の一員として貢献していけるように頑張らないとなー。

そこで思い至ったのがタイトルなわけです。
「人は一人じゃ生きていけない」なんて使い古されたセリフを言うまでも無く、人生は人との絡み合いでできている。
当然、良い面悪い面あるけれども、少しでも良い方向に向かう為に必要なのが、日本人の得意技「気づかい」であると思うわけです。

モノの良し悪しはユーザーとモノの閉じられた関係で評価される。
開発者も「ユーザーのために」良いものを作ろうとするし、ユーザーも「自身の満足のために」良いものを選別する。
何も間違っちゃいないけど、ちょっと淋しい。そこに第3者への気づかいはありますか?

閉じられた関係で選ばれたモノを公共の場に持ち込むと、様々な軋轢が生まれる。
階段でカツカツとやかましいミュールしかり、無用に幅を取るショルダーバッグしかり、オタクの人が背負ってるやたらとデカい背負いバッグしかり、シャカシャカと五月蠅い携帯オーディオしかり。
最近では車輪付きキャリーバッグが通行の邪魔になるってニュースがありましたな。
ユーザーの使い方に拠る点は多いけれど、開発時点で気付くことのできた(見逃した)不具合も多いと思う。
良いモノを作り、良いモノを選んだはずなのに他人からは白い目で見られる矛盾。
開発者とユーザーに、ちょっとでも他人への気づかいがあれば防げたはずなのに、勿体無い。

人間工学やユーザビリティ、ユニバーサルデザインなどの思想が広まるにつれ、ユーザーにとってやさしいデザインは形になりつつある。
そこでもう一声、「他人にとってもやさしい」デザインを付け加えることができたなら、もっとやさしい社会になれると思うんです。

-----------------------------------------------------
↓「いいねー」と思ったらポチッと。応援励みになります。
にほんブログ村 デザインブログ プロダクトデザインへ にほんブログ村 IT技術ブログ ソフトウェアへ
スポンサーサイト

theme : デザイン
genre : 学問・文化・芸術

tag : デザイン やさしい

【ID:0014】 デザインの値段って?

そのうち住居を購入しよう、と思っているので、後学のために「IDC大塚家具@横浜みなとみらい」へ行ってきた。

10F~5Fの6フロアをソファーとキッチンテーブルをメインに見て回ったのだけど、敷地の広さに疲れた疲れた。
あまり家具を愛でる趣味はないので、どれが良い悪いを語るのは無しとして。

とにかく思ったのが、「使い心地と値段が比例しない」ってこと。
「こりゃスゲェェェ!」って感動したソファーが26万円で、「なんだこりゃ」って思ったソファーが60万円だったりして。
貧乏人だから高いモノの良さが分からないだけなのかも知れないが.

もっとも衝撃的だったのが、デザイナー家具に置いてあった「薔薇とキキョウをモチーフにした椅子」。
見た目は面白い。キキョウの方は特に形がそのまま椅子として機能していて、「絵になるなあ」と思った。
しかしながら、座ってみると、どうも落ち着かなかった。座面が盛り上がりすぎてて、姿勢が安定しないし、花びらの部分が正直邪魔なんですけど、っと言った具合。
出せて10万円かなーと値札を見ると、99万8千円!0一つ多いんですけど!

間違えないで欲しいのは、俺は別にデザイナー家具にケチ付けたいワケではないんです。
モノの値段が需要と供給で決まるのだから、この椅子が約100万円で、それを買う人が居るということは、やはり100万円の価値があるんでしょう。
それは良いとして、ならばなぜこの椅子が100万円なのか?俺が座り心地に感動したソファーは26万円なのに。
材料や製作コストの違いは確かにあるけれど、それだけで74万円の差がつくとは思えない。
やはり、著名なデザイナーがデザインしたかどうか、の差なんでしょう。

俺は「審美性」よりも「使用性」を重視する漢なので、この椅子に100万円の価値を見出せなかったわけですが、皆はいくら位と見るのか興味深いところではあります。

っつーか、こういう椅子は企業の待合室とか客室のハク付けに使われるもんであって、家庭での普段使いを基準にして評価しても意味ねーんだよ!
と言われれば納得するしか無いんですが(笑


しかし、ああいう場所に行くと金銭感覚が狂って困る。
気に入ったキッチン椅子↓が約2万円だったんだけど、これって高い?
キッチン椅子

おもちゃみたいな椅子にしれっと5万円くらい付いてたりするから、すっかり価値基準が崩壊してしまいましたとさ。

-----------------------------------------------------
↓「いいねー」と思ったらポチッと。応援励みになります。
にほんブログ村 デザインブログ プロダクトデザインへ

theme : デザイン
genre : 学問・文化・芸術

tag : デザイン 価値 家具

【ID::0013】 あるある[WEB編②]

使い勝手に関する「あるあるネタ」をご紹介するシリーズ。
前回WEB編①に続いてWEB編②でございます。

1.FLASHが重い
とある映画の公式サイト。アクセスした途端、クソ重いFLASHのダウンロードが始まってげんなり。
あるある

ウチは光回線でこそないが、ADSLの50Mで決してナローバンドではない。
にも関わらず3分も待たされるFLASHなんて見る気が起こらない。
故に俺の指は無常にも押すのであった。SKIPボタンを。

せっかくクリエイターが精魂込めて作ったであろうFLASH。
見られる前にSKIPされるなんて・・・もったいないぃ(矢沢風)

2.半年前の記事に「New!」
初めて訪れた情報系サイト。
とりあえず「New!」アイコンの付いた記事をクリックしてみたけど、どうも情報が古い。
よくよく更新履歴を見てみると半年前の記事だった。
あるある

Newの意味分かってますか?半年前の記事はNewじゃないですヨ。
更新順が新しいからじゃなくて、情報の鮮度の高いものに「New!」を付けて頂きたい。
情報系サイトなら1週間くらいかなあ、Newと呼べるのは。

3.口コミサイトに口コミがない
病院やレストランの検索をすると、大概口コミサイトが上位に来る。
だけども、ロクに口コミが載ってないんだ。これが。
あるある

この手のサイトが急増したしたせいで、口コミの投稿がバラけてるんでしょうか。
中には口コミ0件のくせにSEO対策で検索上位に表示させてたりして、騙されることも。
結局一番信頼できる口コミは2ちゃんねる・・・だったりして。ゲフンフゲフン。


貴方のあるあるも教えてもらえると喜びます。

-----------------------------------------------------
↓「いいねー」と思ったらポチッと。応援励みになります。
にほんブログ村 デザインブログ プロダクトデザインへ



theme : デザイン
genre : 学問・文化・芸術

tag : あるある WEB

【ID:0012】 副都心線はイーネ!

先週末、所要で新宿行きました。
んで、せっかくだから、こないだ開通したばかりの東京メトロ・副都心線に乗ってきたよ。
いや、イイわ。副都心線

小姑目線で舐め回すように観察したけれど、随所に細かい配慮が感じられた。
使い勝手(ユーザビリティ)の視点から見て、かなりイイ縁いってるんじゃないかと思う。

まずもって、案内が親切。
慣れない路線に乗ると、電車の行き先や現在地を常に把握しておかないと不安になるもんですが、副都心線は電光掲示板で細かく知らせてくれて助かります。
(でも山手線の液晶モニタには負けるかな)
しかも車内放送がハキハキとした女性の声なのがグッド!
声フェチな俺いや、耳の遠くなったお年寄りでもハッキリと聞きとれるはず。
男の車掌の間延びした声(分かるかな?)とか合成音の機械的な女性の声はキライなんですよっ。

乗り換え案内も大胆にデカデカと表示されててよかですねー。
副都心線乗り換え

デザインも周りを明るくするポップな感じで好きです。

他にも細かいところでは、手すりが握りやすいように細くなってたとかかな。
とにかく、良く利用者のことを考えて設計してるなって感じがした。

しかしながら・・・ドアが開くとき、ギロチン並みの速度で開くのは怖いのでやめてください(笑
いやでも満員電車では早く開かないとドア付近の人が押し潰されて危険なのかしら??
うーむ、奥が深い。


-----------------------------------------------------
↓「いいねー」と思ったらポチッと。応援励みになります。
にほんブログ村 デザインブログ プロダクトデザインへ

theme : デザイン
genre : 学問・文化・芸術

tag : 副都心線 やさしい ユーザビリティ

【ID:0011】 やさしくできない

昨日、遅くに会社を出て家路を急いでいると、突然すれ違いざまに腕を掴まれた。
それは生き別れの妹であった。「お兄ちゃんずっと探していたの・・・」←ウソです。

男だ。知り合いではない。
「ちょっとスイマセン・・・」と言って、男は口ごもる。
メガネを掛け、薄汚れたTシャツにジャージズボンと野球帽といった風体。
帽子からは、脂で固まった白髪交じりの長髪がボサボサと飛び出している。
うむ、ホームレスだ。

一瞬目が合って、男は「申し上げにくいことなんですが・・・」と切り出してきた。
上ずっているけど、割と知的な言葉が出てきたことに意表を突かれた。
しかし、その後の言葉は容易に想像できた「金か」と。

頭の中で0.5秒間ほど試行錯誤を重ねた後、取った行動は
男が次の言葉を発する前に、「金なら無いんで」と言って、そそくさとその場を去ることだった。

「・・・少しでもいいんです・・・」。耳の端をそんな言葉が掠めたけれど、聞こえないフリをして歩き出した。
追いかけてくる気配は無い。

10メートルほど歩いて緊張が解けた瞬間、もの凄い罪悪感が襲ってきた。
さっきの俺は人として最低ではなかったか?
声を掛けてきたホームレスは決して俺を恐喝したわけではなく、むしろ極めて低姿勢に援助を求めてきただけなのだ。
それを無下に断った、というか関わり自体を拒否した。
断ったこと自体が問題なのではなくて、断り方が悪すぎた。
相手を人として扱っていないような態度。
少なくとも「やさしい」をテーマにしている人間のすることじゃない。嗚呼。

反省して振り向いてみたけれど、彼の姿はすでになかった。

彼にとって、それは日常茶飯事のことなのかも知れない。
「まあいいや」と受け流しただろうか?それとも「やっぱりこの世は・・・」と絶望しただろうか?
そこは考えてもしょうがない部分だけど、とにかく優しく接することのできなかった自分がショックだった。
まだまだ「やさしい」を自分のものにはし切れていないようです。

でもだって・・・怖かったんだよ!
財布を取り出せばひったくられたかもしれない。下手な断り方すれば刺されたかもしれない。
恐怖に負けて、相手を思うより、自分の安全を優先しました。
以上、言い訳。


「知行合一」
昔、合気道習ってた頃に、道場に掲げてあったスローガン。
『知ることと行うことは一体である』という意味。いくら口で「やさしい」を連呼しても、行動が伴わなきゃ本物じゃない。
本物にできる様に行動していこう。うん。

-----------------------------------------------------
↓「いいねー」と思ったらポチッと。応援励みになります。
にほんブログ村 デザインブログ プロダクトデザインへ

theme : 思うこと
genre : 学問・文化・芸術

tag : デザイン やさしい

プロフィール
バリネコ
コメント歓迎であります。

Author:tak

カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
CssTagCloud

GUI  デザイン  ユーザビリティ  書評  やさしい  UI  文章  視認性  お気に入り  発明  個人情報  タスポ  コンペ  WEB  アフォーダンス  あるある  アイコン  タバコ  息子  帰省  1000円  喫煙  価値  人間  テレアポ  発明学会  家具  運が悪い  エコバッグ  ライフサイクル  構造化  自由度  ゲーム  ボタン  メンタルモデル  音楽動画  効果音  家電批評  ヒューマンエラー  ブログ  ケータイ  ユニバーサルデザイン  雑学  ソニータイマー  副都心線  

FC2カウンター
人気記事
広告
ブログ内検索
リンク
オススメ書籍
RSSフィード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。