スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ID:0006】 誰がための『エコ』?

ちょっと前から『エコ』をコンセプトにした製品が続々と登場している。
エコエコエコエコ・・・アザラク!」と言いたくなる程のエコブーム。黒井ミサもビックリである。

だが、ちょっと考えてみたい。一体これは、誰の為のエコなんだろう?
 地球のため?
 自然のため?
 動物のため?
どれも正しいけれども、いまいちピンとこない。
やっぱり人間のためというのが一番しっくりくる。

メディアは環境保護を第一に言うけれど、人間のためとは言わないところが頂けない。

とはいえ、俺は「エコは偽善」と言いたいわけじゃない。
むしろその逆。「エコの追求は素晴らしい」と思ってる。
但し、どうせするなら人間自体が楽しく思えなきゃならない。人間のためなんだから。

人は楽をしたい生き物。いくら自然が、動物が、と言ってみても、苦難の道を自ら歩むことはできないもんだ。
だから中国だってアメリカだってCO2を減らそうと口では言っても行動なんてしない。
俺だって時々ゴミの分別をサボる。
だって楽しくないんだもの。

エコを本気で推し進めたいなら、人間の生活と調和させなきゃいけない。
無粋なビニール袋より、粋なデザインのエコバッグを持ったほうが楽しい。
そう思えるようにしなきゃ。

技術者や科学者は猛烈な努力でエコのテクノロジーを切り拓いている。
俺は彼らを尊敬する。だから、その努力を形にしたい。

それは多分インダストリアルデザイナーの仕事。
俺はこういったことができるデザイナーになりたい。

-----------------------------------------------------
↓「いいねー」と思ったらポチッと。応援励みになります。
にほんブログ村 デザインブログ プロダクトデザインへ
スポンサーサイト

theme : デザイン
genre : 学問・文化・芸術

tag : エコ

comment

Secret

No title

takさん、こんにちは。
クリエイター視点でエコを考える事は間違ってませんが、クリエイター視点でしかないエコという事を以前に何度か記事にしました。また、世界を語る上でも、日本に入って来ている情報だけでは十分ではありません・・・「アメリカだってCO2を減らそうと口では言っても行動なんてしない」という部分がとても引っかかりました。
とにかく日本におけるエコに関する動きは良くも悪くも活発ですが、有効な事とそうじゃない事をしっかり見極めて、駄目なら何が駄目なのかという積み重ねが必要だと思います。まるで「今にはじまった事」みたいなエコブームのニッポンで、他国に学ぶ事も多いと思います。トラックバックしましたので参考にしてください。

No title

moritoさん、いらっしゃいませ!
エコについて出来るだけ高い視点で一度書いたのですが、背伸びしても中身のない一般論になってしまったので、等身大の視点で書き直しました。
CO2の削減目標を決めるとなると真っ先に反対するのが中国とアメリカで、あまり良い印象はありません。もちろん、草の根で活動されている方が大勢いらっしゃるのは承知しているつもりです。
>トラックバック
nnn・・・トラックバックは付いていないようであります。
是非拝見したいので、URLを教えてもらえないでしょうか?

クリエイター視点

別のブログでトラックバックされてた記事を見つけて拝見しました。
moritoさんのご意見は鋭く、的を射ていると思います。クリエイターの自己満足だけで終わっているエコ活動、確かに多いですね。
エコバッグがあふれ過ぎ、の話では笑ってしまいました(笑
有効なことに確りとフォーカスを当てたデザイン、志していきたいです。

デザイナーにできる事って何があるのか?
もちろん新しいモノを作り出すことがメインでしょうけど、『減らすこと』も立派なテーマになり得るんじゃないか?と、ふと思いました。

No title

日本に入って来る外国の情報って政治がらみの事ばかりで、さらに伝える側の感情がかなり影響するので、本当に知ろうと思ったら自分で行動して知るしか無いのだと、僕もここ数年でやっと実感できるようになったぐらいです。日本に入って来る情報、しかも情報を受け身で捉えているだけでは駄目なんだなと、過去の自分も含めて反省しています。最初から色々な事を知っている人など居ませんから、決して「知らないことが悪い」のでは無いのですよね。「知ろうとしないこと」がいけないのだと思います。takさんがうちのブログにコメントしてくれた時、「この方は色々吸収する人だな」と直感したのですヨ。とても柔軟な感性を持っていると思います。
僕のブログはどちらかというと、中堅以上のクリエイターたちに問題提示をしています。そして若い人達にもその状況(問題点)を知ってもらって、今までの業界とは変えて行くという姿勢になってもらえたらと思っています。
話を戻しますが、エコに関してアメリカはむしろ先進国だと思います(ブッシュ大統領が議案書にサインしなかったウンヌンは別として)。ecoという言葉自体、英語ですよね・・・日本語には無かった言葉です。カープール制にしても、決してエコブームになってから取り組んだ事ではなく、地球温暖化が囁かれるよりもずっと前から(30年以上も前から)取り組まれている事で、決して個人の草の根的な運動ではなく、それこそ国規模(政治に頼っているわけではない)で展開して長年続いています。僕もそれを知った時は、自分の無知さを恥ずかしく思いました(^_^;)
でも「知る」という事は、本当に大切なんですよね。
僕もエコは「減らすこと」が大事だと思います。単にものを作る(製造する)だけではなく、アイデアや概念を広めるというという事も立派なエコ活動だと思うし、皆が知らない事や誤解している事を教える事もそれに値すると思います。

エコについて

こんなに考えたのは初めてです(笑
知らないこと、いっぱいありますね。カープール制なんて知りませんでした。
日本は技術面では紛れも無く最先端と思います。でも運用面はアメリカを下回ってるんでしょうね・・・。
良い運用(デザイン)と技術が結びつけられたら無敵なのに、勿体無い。

お陰様で一歩理解が進んだ気がします。ご教示有難うございました!
プロフィール
バリネコ
コメント歓迎であります。

tak

Author:tak

カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
CssTagCloud

GUI  デザイン  ユーザビリティ  書評  やさしい  UI  文章  視認性  お気に入り  発明  個人情報  タスポ  コンペ  WEB  アフォーダンス  あるある  アイコン  タバコ  息子  帰省  1000円  喫煙  価値  人間  テレアポ  発明学会  家具  運が悪い  エコバッグ  ライフサイクル  構造化  自由度  ゲーム  ボタン  メンタルモデル  音楽動画  効果音  家電批評  ヒューマンエラー  ブログ  ケータイ  ユニバーサルデザイン  雑学  ソニータイマー  副都心線  

FC2カウンター
人気記事
広告
ブログ内検索
リンク
オススメ書籍
RSSフィード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。