スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ID:0008】 『ありがとう』の魔力

よく使うトイレの眼前に、下の2つの文章が貼ってあったとする。
「トイレはみんなの共有物です。キレイに使ってください。」
「いつもキレイに使っていただいて、ありがとうございます。」
どっちが素直に協力する気になるだろうか?

後者ですよね。やっぱ。
前者は押し付けがましさを感じて、素直に従う気にならない。
かと言って積極的にトイレを汚すようなことはしませんけど(笑

人は無意識に期待に応えようとする生き物。
前者後者共に相手への期待を表明しているものの、後者がより一層共感を得られるのはなぜだろう?
やはり、「ありがとうございます」の一言に尽きる。
誰かの役に立っているという充足感こそが人を動かす原動力になる。

「何かの為」よりも「誰かの為」の方が動機としては何倍も強い。
前者はその点、トイレをキレイに使っても何が良くなるのかイメージできない分、訴求力が弱くなったんでしょう。
「ありがとう」って言葉にはスゴイ威力がありますね。

しかし、威力が絶大なだけに乱用は禁物。乱用すると慇懃無礼になりかねない。
美しい言葉だけに、使うときは気持ちを込めたいもんですね。


ちなみに、期待によって人の能力を引き出すことを「ピグマリオン効果」と呼び、逆に、期待しないことで人の能力を引き出せないことを「ゴーレム効果」と呼ぶそうです。
豆知識。

-----------------------------------------------------
↓「いいねー」と思ったらポチッと。応援励みになります。
にほんブログ村 デザインブログ プロダクトデザインへ
スポンサーサイト

theme : デザイン
genre : 学問・文化・芸術

tag : デザイン やさしい

comment

Secret

拍手が

なかなか繋がらないようですね。今夜は。

それはさておき、
「何かの為」よりも「誰かの為」というのは反応が早くダイレクトに返って来るからかもしれませんね。
「ありがとう」「おかげで助かりました」「役に立ちました」などは確かに聞きたい言葉です。
「何かの為」も回り回って最終的にはその言葉を待っているのかもしれませんが、独善的な妄想に終わる場合もしばしばです。
やはり確かなものとして安心できるのは目の前にいる人に働きかける効果かな。
私自身は妄想ロマンも嫌いではありませんが(笑)

あらら・・・
拍手のほうは「接続がタイムアウトしました」でお預けですね。
明日にでもまた参りましょう。

No title

orfeさん、こんばんわ!拍手ありがとう。励みになります!
orfeさんのコメントでまた一つ思い至りました。
後者の文章には1対1の対話があるんですね。自分が主人公の世界観というか。
相手を主人公にして気持ちよくコトをしてもらう。一つのおもてなしですねー。
プロフィール
バリネコ
コメント歓迎であります。

tak

Author:tak

カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
CssTagCloud

GUI  デザイン  ユーザビリティ  書評  やさしい  UI  文章  視認性  お気に入り  発明  個人情報  タスポ  コンペ  WEB  アフォーダンス  あるある  アイコン  タバコ  息子  帰省  1000円  喫煙  価値  人間  テレアポ  発明学会  家具  運が悪い  エコバッグ  ライフサイクル  構造化  自由度  ゲーム  ボタン  メンタルモデル  音楽動画  効果音  家電批評  ヒューマンエラー  ブログ  ケータイ  ユニバーサルデザイン  雑学  ソニータイマー  副都心線  

FC2カウンター
人気記事
広告
ブログ内検索
リンク
オススメ書籍
RSSフィード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。