スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【GUI】 アイコンデザインガイドライン -1-

アイコンとは物事の役割を抽象化し、一つの絵に落とし込んだもの。

ソフトウェアの業界ではプログラマーやSEが片手間に作ることが多いアイコンですが、良くできたアイコンというのはお世辞にも多いとは言えない。
絵心が足りないだけならまだしも、事象と絵が全くリンクしていないもの、前衛的過ぎて意味が分からないもの等、いろいろです。

そこで、自戒も含めて、アイコンデザインする上で気をつけるべきいくつかの事を書き出して行きたいと思う次第であります。
大手のソフト屋さんなんかは専門のデザイナーに発注しちゃうからアイコンで悩むことなんかないんでしょうけど、中堅ではそうも行かず、プログラマーが泣く泣く(?)作るハメになる事情はよっく理解しております。というか当事者です(笑
tak庵は中堅ソフト屋およびフリーソフト屋さんを応援します!無力ですけど!
ではつらつらと。

1.ロゴデザインにしないこと

フリーソフトで良く見かけるのが、ソフト名を綺麗に装飾したアイコン。ソフト名をアピールしたいのはわかるけど、宜しく有りません。
メモ帳のアイコンに「メモ帳」って書いてあって嬉しいですか?
「アイコンは機能を抽象化したもの」と心に命じ、機能を連想できるようなデザインを心がけましょう。

また、ありがちなのがソフトと何の関係もない動物の写真やイラストをそのままアイコンにしちゃったもの。
これも避けたいところ。作り手の独り善がりになりがちなので。

2.統一感を持たせること

プログラマー謹製のアイコンでは、作成者ごとにクオリティが異なり、子供の落書きレベルから芸術レベルまで混在してしまうことがあります。
見た目がバラバラでは、良くできたアイコンもそうでないものも、まとめて雑音(ノイズ)となり、ユーザーの役に立ちません。
できるだけ絵心のある人をお手本にして、全体の統一感を持たせましょう。

3.余計な情報を含めない

仕事で「Yes,Noをあらわすアイコン考えて」と後輩に頼んだところ、Yesは笑顔、Noは泣き顔のアイコンを持ってきた。
一瞬「イイじゃんコレ(偽ハマっ子)」と思ったものの、考え直して却下した。
理由はソフトウェアを操作する上で、Yes,Noといった選択肢はどれも等価なもので、そこにYes=ポジティブ,No=ネガティブという観念を差し挟むのはよくないと思ったから。
『ファイルを削除しますか?』のような慎重を期すべき選択肢が、Yes=笑顔、No=泣き顔ではユーザーの判断を狂わせてしまいかねない。

アイコンはユーザーの認知性を向上させるための手段。作り手の価値観を押し付けないようにしましょう。

-----------------------------------------------------
↓「いいねー」と思ったらポチッと。応援励みになります。
にほんブログ村 デザインブログ プロダクトデザインへ にほんブログ村 IT技術ブログ ソフトウェアへ
スポンサーサイト

theme : デザイン
genre : 学問・文化・芸術

tag : GUI アイコン デザイン

comment

Secret

アイコン

と言われてブラウザのブックマークを眺めてみるに
Picasa のが一番良いかな?
FC2もユニコーンのが付くようになりましたね。
これも悪くはないようです。
気象庁レーダーのものはよくわからないデザインです。

orfeさん

こんばんわ!
そういえば、ミニアイコン付きのサイトが多くなりましたね。
ウチの「お気に入り」の中でのお気に入りは「ニコニコ動画」です。
小さいアイコンだけに製作者のセンスが試されているようで、面白いな(笑
プロフィール
バリネコ
コメント歓迎であります。

tak

Author:tak

カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
CssTagCloud

GUI  デザイン  ユーザビリティ  書評  やさしい  UI  文章  視認性  お気に入り  発明  個人情報  タスポ  コンペ  WEB  アフォーダンス  あるある  アイコン  タバコ  息子  帰省  1000円  喫煙  価値  人間  テレアポ  発明学会  家具  運が悪い  エコバッグ  ライフサイクル  構造化  自由度  ゲーム  ボタン  メンタルモデル  音楽動画  効果音  家電批評  ヒューマンエラー  ブログ  ケータイ  ユニバーサルデザイン  雑学  ソニータイマー  副都心線  

FC2カウンター
人気記事
広告
ブログ内検索
リンク
オススメ書籍
RSSフィード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。