スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【GUI】 コントロールの密度 -3-

前回の「ユーザーが早く入力できるようにする」にはどうするか?からの続き。

本筋は「ベストなコントロール密度どは?」なんだけど、その結論を出すには、もう少し脇を固める必要がある。
「早く結論だせよ!」って声も聞こえてきそうですが。
結構焦らすタイプなんです。私。

さて、「ユーザーが早く入力できるようにする」ために大事なことは、見えること(認識)分かること(理解)の2つであると言える。

見えること(認識)とは、GUIに配置されたコントロールが正しく認識できること。
つまり、ボタンをボタンとして認識できる、文字がちゃんと読める、といった具合。
使われている言語が読める、ということも含まれる。日本人にスワヒリ語が使われたGUI見せても、大半の人は何が書かれているのか分からない。それは見えてないのと同じこと。
たとえ日本語で書かれていたとしても、一般的でない専門用語が使われてユーザーが意味を読み取れなければ、それもやはり見えてないのと同じことなんです。

分かること(理解)とは、GUIの文脈をユーザーが理解し、使い方が分かること。
ちょっと分かり難いので図で説明↓。
GUI文脈
GUI例:Aは上にテキストボックス、下に[送信]ボタンを配置している。
この場合、ユーザーは「テキストを入力してから[送信]ボタンを押すんだな」と直感的に理解できる。
GUI例:Bは上に[送信]ボタン、下にテキストボックスを配置している。
この場合、ユーザーは2つのコントロールの関係性が理解できない恐れがある。「先に[送信]ボタンを押すとテキストが出てくるのかな?」とかね。

それぞれの詳しい話は別の機会に譲るとして、これらの大事さが分かってもらえたでしょうか。
地味なことだけど、ここを見落としているGUIは良く見かけます。

さて、以上を踏まえて「ベストなコントロール密度どは?」の結論に繋がります。
また次回(・_・)ノ~~~

関連記事:
【GUI】 コントロールの密度 -1-
【GUI】 コントロールの密度 -2-

-----------------------------------------------------
↓「いいねー」と思ったらポチッと。応援励みになります。
にほんブログ村 デザインブログ プロダクトデザインへ にほんブログ村 IT技術ブログ ソフトウェアへ


スポンサーサイト

theme : ソフトウェア
genre : コンピュータ

tag : デザイン GUI

comment

Secret

プロフィール
バリネコ
コメント歓迎であります。

tak

Author:tak

カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
CssTagCloud

GUI  デザイン  ユーザビリティ  書評  やさしい  UI  文章  視認性  お気に入り  発明  個人情報  タスポ  コンペ  WEB  アフォーダンス  あるある  アイコン  タバコ  息子  帰省  1000円  喫煙  価値  人間  テレアポ  発明学会  家具  運が悪い  エコバッグ  ライフサイクル  構造化  自由度  ゲーム  ボタン  メンタルモデル  音楽動画  効果音  家電批評  ヒューマンエラー  ブログ  ケータイ  ユニバーサルデザイン  雑学  ソニータイマー  副都心線  

FC2カウンター
人気記事
広告
ブログ内検索
リンク
オススメ書籍
RSSフィード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。