スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【雑記】 ファミコン世代の憂鬱

注:今回は筆者の勝手な妄想や妄言が多分に含まれております。

俺といえば、小1の時分にファミコンが発売されたバリバリのファミコン世代であります。
テーブルトークRPGが流行った世代でもあり、ゆえに電源非電源問わずゲームには特別な愛着を持っているわけです。

がしかし、最近のゲーム文化にはどうも違和感を感じてしまう。
特に任天堂(今はNikontendoか?)のニンテンドーDSとWii。
斬新で直感的な操作方法と、身体を使う新しい楽しみを作り出したNintendoの底力にはPS3派の俺も脱帽する。
だけどどうしてもぬぐえない違和感。
それは「なんでいい大人にまでゲームやらせてんねん!」ってこと。

『お前もいい大人のくせにPS3持ってんじゃん』とツッコミが入りそうですが、これは良いんです。
なぜなら俺は自分の幼児性を自覚してるから。未だに子供のまま脱皮できないゲーム嗜好の発散のためにPS3を持っているんです。
だから、俺はゲーム中は子供に戻る。

しかしどうしたことか。DSやWiiでは、大人が大人のままゲームをしている。
脳トレやWii Fitがそれにあたる。
ゲームはいつから大人のものになった?

思えば俺の親なんかは渋々ファミコンを買ってくれこそしたものの、ゲーム自体には冷ややかな気持ちを持っていた。
「ゲームは1日1時間」それが徹底され、違反すればファミコンを屋根裏に隠された。
似たような経験を持つ人は多いんじゃなかろうか?(笑
そんなゲームを否定してきた親世代がWiiコントローラーを振り回してゲームに興じているわけだ。

DSに至っては学習用ソフトが多数開発され、親が率先して子供に買い与えているもよう。
それが悪いとは言わない。けれどもゲーム機として優等生過ぎると思うんですよ。
そうなると、ソフトも優等生的なラインナップにならざるを得なくなる。
マリオをどれだけ使い回せば気が済むんだと(笑

ファミコンは親に受け入れられなかった分だけ、子供に直接訴えかけるソフトが多かった。
暴力的なものも理不尽なものも、子供に直接届いてきた。そこから学ぶことは多かったように思う。

DSやWiiではどうだろう?なまじ全世代に受け入れられてしまっただけに、作れるソフトの幅が狭まってきてやしませんか?

「ゲームを面白くするのは多少の不道徳だ」とtakって人が言ってた。
つまり言いたいのはPS3もうちょっと頑張れってことです(笑

-----------------------------------------------------
↓「いいねー」と思ったらポチッと。応援励みになります。
にほんブログ村 デザインブログ プロダクトデザインへ にほんブログ村 IT技術ブログ ソフトウェアへ
スポンサーサイト

theme : つぶやき・・・
genre : サブカル

comment

Secret

ゲームとは 背徳感を楽しむ 遊び

「時間を無駄にしてはいけない」という道徳が幅を利かす現代、
「決して時間の無題使いではありません」というコンセプトで
売り出さないと、やってけないのかもしれません。
ゲーム一つするにも言い訳が用意される風潮は、あまり面白くないですね。

orfeさん

こんばんわ!返事遅くなってすみません。
まさにそうですね!脳年齢とかダイエットとか、取ってつけたようなコンセプトが鼻につきます。大人がゲームするための「言い訳」。上手いこと言いますね(笑
ゲームなんて余裕と無駄のカタマリだからこそ楽しいのに。
プロフィール
バリネコ
コメント歓迎であります。

tak

Author:tak

カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
CssTagCloud

GUI  デザイン  ユーザビリティ  書評  やさしい  UI  文章  視認性  お気に入り  発明  個人情報  タスポ  コンペ  WEB  アフォーダンス  あるある  アイコン  タバコ  息子  帰省  1000円  喫煙  価値  人間  テレアポ  発明学会  家具  運が悪い  エコバッグ  ライフサイクル  構造化  自由度  ゲーム  ボタン  メンタルモデル  音楽動画  効果音  家電批評  ヒューマンエラー  ブログ  ケータイ  ユニバーサルデザイン  雑学  ソニータイマー  副都心線  

FC2カウンター
人気記事
広告
ブログ内検索
リンク
オススメ書籍
RSSフィード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。