スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【書評】 ヒューマンファクターズ概論



本書のテーマは「人間と機械の調和を目指して」。
人と機械の接点(ヒューマン・マシン・インターフェース)を設計するにあたっての多岐に渡る知識が詰め込まれています。

「ヒューマンファクターズ」とは日本語で「人間が要因となるモノゴト」のこと。
機械はプログラムされたことを忠実に実行するのが仕事で、人はその機械を使いこなして結果を出すのが仕事である。
ところが、機械は必ずしも人間に扱いやすいようにはできておらず、操作系の不備や画面の分かりにくさ等が人間の作業を邪魔することは往々にしてある。
「操作方法が複雑すぎて分からない!」
「エラーが起きていることに気付けなかった!」
「機械の動きを予測できず怪我をした!」
etc...

機械やソフトウェアの使用性、安全性、効率を高めるためにはどうすればいいのか?
答えは「人間にとって分かりやすく使いやすいように設計する」ことです。
そのための方法論を本書では紹介しています。

本書のキーワードを抽出すると、人間工学、ユーザビリティ工学、メンタルモデル、ユニバーサルデザイン、インターフェース・デザイン、ヒューマンエラーといったところ。
それぞれの概論が語られているだけなら、わざわざ紹介しない。
本書の良いところは「具体的にどうすればいいのか?」がしっかりと語られていること。

なかなか無いんですよ。ユーザビリティ評価法みたいな解説本は沢山あるけども、「じゃあどうすれば良くなるの?」に答える本はなかなか無い。
(それに答えるのがこのブログの目的でもあるんだけど)
このブログで俺が語りたいことの大半は本書に書かれてました。
ヤヴァイ、ブログの存在意義が薄れるww(汗

-----------------------------------------------------
↓「いいねー」と思ったらポチッと。応援励みになります。
にほんブログ村 デザインブログ プロダクトデザインへ にほんブログ村 IT技術ブログ ソフトウェアへ
スポンサーサイト

theme : ソフトウェア開発
genre : コンピュータ

tag : 書評

comment

Secret

プロフィール
バリネコ
コメント歓迎であります。

tak

Author:tak

カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
CssTagCloud

GUI  デザイン  ユーザビリティ  書評  やさしい  UI  文章  視認性  お気に入り  発明  個人情報  タスポ  コンペ  WEB  アフォーダンス  あるある  アイコン  タバコ  息子  帰省  1000円  喫煙  価値  人間  テレアポ  発明学会  家具  運が悪い  エコバッグ  ライフサイクル  構造化  自由度  ゲーム  ボタン  メンタルモデル  音楽動画  効果音  家電批評  ヒューマンエラー  ブログ  ケータイ  ユニバーサルデザイン  雑学  ソニータイマー  副都心線  

FC2カウンター
人気記事
広告
ブログ内検索
リンク
オススメ書籍
RSSフィード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。