スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【GUI】 わがままなユーザー

ソフトウェア開発者とユーザーの思いはしばしば食い違う。
開発者は皆ユーザーの使い勝手を考えて設計をするんだけども、その思いが届かないことって多いんですよね。哀しいことに。

俺「データが見やすいように表示形式を工夫したんスよ」
ユ「フーン、でもこれココ削っちゃったほうがいいんじゃない?」
俺「いやー、ユさんは詳しいから分かるけど、他の人は削ったら分かりませんって」
ユ「いや、絶対分かるよ。削ってよ、ね?決定!

なんてやり取りは日常茶飯事です...orz

ユーザーの要求は時に理不尽で、どんな優秀な画面設計もクラス設計もぶち壊す破壊力を持つ。
設計の根本が覆るような改造は、開発者としては正直キッパリと断りたくなるような場合もある。

しかしながら、そこでシャットアウトしてはいけないとも思うわけですよ。
ユーザーが改善して欲しいと言った以上は、ソフトになんらかの使いにくさを感じたということ。
我々開発者がユーザビリティ工学や人間工学って理論をこねくり回したところで、ユーザーが使いにくいと思った時点で何の役にも立っていなかったことになる。
理論はユーザーのためにあるもので、開発者の言い訳の手段になっちゃいけない。

そう自戒する今日このごろ。
開発者の持つ理論とユーザーの感性が合致したときこそ、良いソフトは生まれるのだと思うのです。

それにユーザーが使い勝手と効率だけをソフトに求めているとも限らない。
大して作業効率アップに寄与していなくても、「自分の意見がソフトに反映されたこと」自体に満足を覚えるユーザーもいたりして・・・。
この考えは少々邪道でしょうけど(笑)

某マンガのセリフだけど
「物づくりはできあがった時が実はスタートだったりする」という言葉にはハッとさせられました。

P.S.
理不尽はまだ続いています。
ちっくしょう、早く帰りたいなあ。

-----------------------------------------------------
↓「いいねー」と思ったらポチッと。応援励みになります。
にほんブログ村 デザインブログ プロダクトデザインへ にほんブログ村 IT技術ブログ ソフトウェアへ

スポンサーサイト

theme : ソフトウェア開発
genre : コンピュータ

tag : GUI

comment

Secret

都々逸でお気持ち代弁(?)

馬鹿の相手はしたくもないが しなきゃマンマも食い上げる

   ~オレの朱印が入ってねぇじゃないか!
          by クライアントじゃいあん神~

orfeさん

こんばんわ!
「どどいつ」でいいのかな?なかなか辛口っすね(笑
ユーザーを馬鹿と思ったことはないですよ。
使ってくれる人あってのソフトウェアですから
プロフィール
バリネコ
コメント歓迎であります。

tak

Author:tak

カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
CssTagCloud

GUI  デザイン  ユーザビリティ  書評  やさしい  UI  文章  視認性  お気に入り  発明  個人情報  タスポ  コンペ  WEB  アフォーダンス  あるある  アイコン  タバコ  息子  帰省  1000円  喫煙  価値  人間  テレアポ  発明学会  家具  運が悪い  エコバッグ  ライフサイクル  構造化  自由度  ゲーム  ボタン  メンタルモデル  音楽動画  効果音  家電批評  ヒューマンエラー  ブログ  ケータイ  ユニバーサルデザイン  雑学  ソニータイマー  副都心線  

FC2カウンター
人気記事
広告
ブログ内検索
リンク
オススメ書籍
RSSフィード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。