スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【書評】 ヒューマンエラーを防ぐ知恵 ミスはなくなるか



「使い易さ」ということはどういうことか?
何をもって「使い易い」というのか?

色々な答えがあるだろうけど、俺の考える答えの一つに「失敗の少ないこと」がある。
失敗とは人間がするもの。機械やソフトウェアには原則失敗は無いからね(バグはあるけどw)。
人間は何故失敗するのか?
これを追求するのは「使い勝手」を向上する上で大きなヒントになるかと思い、本書を手に取ってみた。
ちなみにタイトルの「ヒューマンエラー」とは、そのものズバリ「人間の失敗」のことです。

本書ではヒューマンエラーを恣意的なものと位置づけ、大局的な視点からその原因と対策を考察している。
(恣意的=(1)その時々の気ままな思いつき。自分勝手な考え。(2)物事の関係が偶然的であること。@はてな)
ヒューマンエラーそのものよりも起こるまでの過程に注目し、その構造を解き明かすことをメインにすえている。
そのお陰で陳腐な現場責任論に陥る事無く、本質を捉えた教材となっているのが素晴らしい。
人間は失敗をする生き物である。ならば失敗させた原因はなに?さらにその原因の原因は?
これらの考察が実例を挙げて展開されており、すんなりと理解できる。

また、人間の心理的な要因の解説に多くのページが割かれており、これが非常にためになる。
実例を一つ挙げよう。
縦に並んだ4つの矢印のうち、1つだけ方向のずれた矢印が混ざっている。
さて、AとBの矢印群のうち、ずれた矢印を見つけやすいのはどちらだろうか?
ポップアウト効果
図.矢印群(A:右向き、B:上向き)

答えは一目瞭然、Bである。
このように一部の状態の違いを気付かせるには、全体の方向を統一すると良い。
これをポップアップ効果と呼ぶ。

はい、受け売りで偉そうにしてみましたwすいません。
と、このようにGUIにも十分応用の効く知恵の塊なんです、この本は。

関連記事:
【ID:0002】2番目に大事なこと「安全性」

-----------------------------------------------------
↓「いいねー」と思ったらポチッと。応援励みになります。
にほんブログ村 デザインブログ プロダクトデザインへ にほんブログ村 IT技術ブログ ソフトウェアへ
スポンサーサイト

theme : ソフトウェア開発
genre : コンピュータ

tag : GUI 書評 ユーザビリティ

comment

Secret

なぜミスるのか?

やってはいけないほうにも出来てしまうからでしょう。
人は選択に迷った時、自信のない者ほど誤ったほうを選んでしまいます。

orfeさん

こんばんわ!
さすが詩人。良い指摘だと思います。
(詩的と掛けてみたとかゴニョゴニョ)
「やってはいけないことができてしまう」のはソフト的な欠陥と言えますね。
ヒューマンエラーの怖いところは、「やるはずのないことをやってしまう」ことです。
例えば包丁で手を切ってしまうこととか。じゃあ手を切っても良いように切れ味を落とすか、というとそうもいかない。
なかなか難しいけど取り組み甲斐のあるテーマだと思ってます。
プロフィール
バリネコ
コメント歓迎であります。

Author:tak

カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
CssTagCloud

GUI  デザイン  ユーザビリティ  書評  やさしい  UI  文章  視認性  お気に入り  発明  個人情報  タスポ  コンペ  WEB  アフォーダンス  あるある  アイコン  タバコ  息子  帰省  1000円  喫煙  価値  人間  テレアポ  発明学会  家具  運が悪い  エコバッグ  ライフサイクル  構造化  自由度  ゲーム  ボタン  メンタルモデル  音楽動画  効果音  家電批評  ヒューマンエラー  ブログ  ケータイ  ユニバーサルデザイン  雑学  ソニータイマー  副都心線  

FC2カウンター
人気記事
広告
ブログ内検索
リンク
オススメ書籍
RSSフィード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。