スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ID:0015】 気づかいから生まれるデザイン

来年6月に引越しすることになってましてね。
引越しといっても同じ神奈川県内でちょっと横浜から離れる程度の移動で、特に大きな変化があるわけじゃないんですが。
そういうわけで、引越し先のご近所さんに挨拶まわりに行ってきました。

まあ人見知りの俺は妻の後ろでゴニョゴニョと相槌打ってただけなんですが(笑

いわゆる閑静な住宅街ってヤツだけあって、ご近所さんはどちらもツンツンしている感じが無く、にこやかに受け入れてもらえました。
いや、良かった良かった。
安心したと同時に「ご近所付き合い」というミッションが間近にせまっていることを感じた。
実家を出てから今まで賃貸生活で、ご近所付き合いなんてロクにしてなかったからな。
楽しみ半分不安半分といったところか。
地域の一員として貢献していけるように頑張らないとなー。

そこで思い至ったのがタイトルなわけです。
「人は一人じゃ生きていけない」なんて使い古されたセリフを言うまでも無く、人生は人との絡み合いでできている。
当然、良い面悪い面あるけれども、少しでも良い方向に向かう為に必要なのが、日本人の得意技「気づかい」であると思うわけです。

モノの良し悪しはユーザーとモノの閉じられた関係で評価される。
開発者も「ユーザーのために」良いものを作ろうとするし、ユーザーも「自身の満足のために」良いものを選別する。
何も間違っちゃいないけど、ちょっと淋しい。そこに第3者への気づかいはありますか?

閉じられた関係で選ばれたモノを公共の場に持ち込むと、様々な軋轢が生まれる。
階段でカツカツとやかましいミュールしかり、無用に幅を取るショルダーバッグしかり、オタクの人が背負ってるやたらとデカい背負いバッグしかり、シャカシャカと五月蠅い携帯オーディオしかり。
最近では車輪付きキャリーバッグが通行の邪魔になるってニュースがありましたな。
ユーザーの使い方に拠る点は多いけれど、開発時点で気付くことのできた(見逃した)不具合も多いと思う。
良いモノを作り、良いモノを選んだはずなのに他人からは白い目で見られる矛盾。
開発者とユーザーに、ちょっとでも他人への気づかいがあれば防げたはずなのに、勿体無い。

人間工学やユーザビリティ、ユニバーサルデザインなどの思想が広まるにつれ、ユーザーにとってやさしいデザインは形になりつつある。
そこでもう一声、「他人にとってもやさしい」デザインを付け加えることができたなら、もっとやさしい社会になれると思うんです。

-----------------------------------------------------
↓「いいねー」と思ったらポチッと。応援励みになります。
にほんブログ村 デザインブログ プロダクトデザインへ にほんブログ村 IT技術ブログ ソフトウェアへ
スポンサーサイト

theme : デザイン
genre : 学問・文化・芸術

tag : デザイン やさしい

comment

Secret

プロフィール
バリネコ
コメント歓迎であります。

tak

Author:tak

カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
CssTagCloud

GUI  デザイン  ユーザビリティ  書評  やさしい  UI  文章  視認性  お気に入り  発明  個人情報  タスポ  コンペ  WEB  アフォーダンス  あるある  アイコン  タバコ  息子  帰省  1000円  喫煙  価値  人間  テレアポ  発明学会  家具  運が悪い  エコバッグ  ライフサイクル  構造化  自由度  ゲーム  ボタン  メンタルモデル  音楽動画  効果音  家電批評  ヒューマンエラー  ブログ  ケータイ  ユニバーサルデザイン  雑学  ソニータイマー  副都心線  

FC2カウンター
人気記事
広告
ブログ内検索
リンク
オススメ書籍
RSSフィード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。