スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【書籍】 こんなデザインが使いやすさを生む



「製品を使いやすくしたい」
その思いは古今東西の開発者にとって共通の思い(のはず)。
だけども、そのためにどうすればいいのか?
その現場レベルの思いに答えるのが本書。

本書は三菱電機(株)デザイン研究所でのユーザビリティアプローチを取りまとめた一冊で、現場視点での取り組み方が分かりやすく解説されている。
"~研究所"が書いた本というと、地に足の着かない理想論や「それができれば苦労しねーよ」って極論が書かれ勝ちという印象があるんだけど、本書ではその傾向は無く、むしろ基本に立ち返ったようなスタンスで読みやすく、受け入れやすい内容になっている。
内容はユーザビリティに関する一般的な知識と方法論、そしてそれを実際に活かしたワークショップの事例紹介。
個人的には目からウロコが落ちるような画期的な方法が書かれていないかと期待したのだけど、そういう本ではなく、本当に入門書として必要なことが十分に書かれている。

本書の章割りは以下の通り。
第1章 開発現場のユーザビリティ評価
第2章 ユーザビリティワークショップ
第3章 ユニバーサルデザイン
第4章 ユーザビリティチェックリスト
第5章 ユーザビリティワークショップ事例
第6章 プロの技能発揮を支援するインターフェース
第7章 ヒューマンセンタードデザインに向けて

中でも実用に値するのが第4章と第5章。
"第4章 ユーザビリティチェックリスト"ではユニバーサルデザイン編、家電製品の操作パネル編、GUI編と大別されたカテゴリごとに注意するべき視点がまとめられている。
チェックリストの内容は大雑把ながらも要所を押さえているため、つい忘れてしまいそうなことまでしっかりと意識することができる。
開発の上流からこのチェックリストを意識することで、相当な使い勝手の向上が図れるのではないかと思う。

"第5章 ユーザビリティワークショップ事例"では実際の製品開発での使い勝手向上の取り組みが紹介されている。
ここではユーザビリティテストの実施方法をはじめとして、人間工学や感性工学の適用方法、メンタルモデルの構築方法など様々な要素が登場し、総合的な理解を深めることができる。
紹介されている事例は"電車の案内装置"と"携帯電話"の2件。
ただ残念だったのはページ数が少ないことと、開発者のアイデアの掘り下げが浅く教科書的な理論紹介で終わってしまっていること。
もうちょっとドラマチックに開発者が「何を考えてどう工夫したのか」って試行錯誤の流れが書かれていれば、もっと得るものが大きかったかなと思う。

本書はひと言で言うと「地に足の着いた入門書」
ユーザビリティをこれから学ぶ人、開発に活かしたい人には最適だと思います。

-----------------------------------------------------
↓「いいねー」と思ったらポチッと。応援励みになります。
にほんブログ村 デザインブログ プロダクトデザインへ にほんブログ村 IT技術ブログ ソフトウェアへ
スポンサーサイト

theme : ソフトウェア開発
genre : コンピュータ

tag : ユーザビリティ 書評

comment

Secret

プロフィール
バリネコ
コメント歓迎であります。

Author:tak

カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
CssTagCloud

GUI  デザイン  ユーザビリティ  書評  やさしい  UI  文章  視認性  お気に入り  発明  個人情報  タスポ  コンペ  WEB  アフォーダンス  あるある  アイコン  タバコ  息子  帰省  1000円  喫煙  価値  人間  テレアポ  発明学会  家具  運が悪い  エコバッグ  ライフサイクル  構造化  自由度  ゲーム  ボタン  メンタルモデル  音楽動画  効果音  家電批評  ヒューマンエラー  ブログ  ケータイ  ユニバーサルデザイン  雑学  ソニータイマー  副都心線  

FC2カウンター
人気記事
広告
ブログ内検索
リンク
オススメ書籍
RSSフィード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。