スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【書評】 誰のためのデザイン?



これまで色々なユーザビリティ関連の本を読んできました。
それらの本で参考文献として常に挙げられていたのが本書「誰のためのデザイン?」です。
ずっと気になっていたんですが、ようやく読む機会に恵まれました。

本書は使い勝手を心理学の見地から分析したもので、物を使うときのユーザーの心理状態を解説しています。
ユーザーが何を見、どう認識して、どう使うのか。
作り手の視点からでは見えないユーザーの心理がよく分かります。
使い勝手を語るとき、「ここを工夫した」とか「斬新なアイデアを盛り込んだ」とか作り手側の主張が根拠となることが多いと思う。
だけど、それは大概作り手の思い込みでしかないことを痛感します。

作り手は当然のことながら、製作物の全てを知り尽くしています。
どこをどう操作すればどのように動くか。どこに何が表示されて、どうなれば正しいのか。全て知っている。
コレがネックとなり、初めて製作物に触れるユーザーがどのように感じるのか、鈍感になっていないだろうか?

本書では様々な実例を挙げ、作り手の思い込みによって作られた、美しくも使いにくい(笑)デザインを一刀両断に批評しています。
電話機、ドア、洗面設備といった身近な例が多いので、共感できる部分も多いと思います。
1990年に書かれた本だけに実例は古いものが多いんですが、それが逆に今だ改善されない使い勝手の悪さの現状を認識させてくれます(笑)

本書が一貫して主張するテーマは2つ。
・使えないのが悪いのではない、使えないデザインが悪いのだ
ユーザーは製品を使えないことを自分の責任にしがちだが、それはちがう。
使いにくいようにデザインしているデザイナーが悪いのだ。
・良いデザインは説明不要
手がかりとフィードバックは最低限そなえるべき機構であり、ユーザーが迷わず使えるようにしなければならない。
良いデザインとは、見ただけで全てが分かるもののことである。そして、この条件は美的デザインの良さと排他にはならない。

ページ数は多いですが、読みやすい文体で苦になりません。
作り手の立場からも、ユーザーの立場からも、得るものは非常に大きい一冊だと思います。

-----------------------------------------------------
↓「いいねー」と思ったらポチッと。応援励みになります。
にほんブログ村 デザインブログ プロダクトデザインへ にほんブログ村 IT技術ブログ ソフトウェアへ
スポンサーサイト

theme : ソフトウェア開発
genre : コンピュータ

tag : デザイン 書評

comment

Secret

No title

管理人さま、お邪魔致します。


相互リンクの申請の件で、
書き込み致しました。

よろしければ、相互リンクをお願いします^^
どうぞ、ご検討のほど、よろしくお願い致します。
お返事お待ちしております。

日常のことや、大学生活の記事内容がメインです。
『 なくようぐいす! 』の管理人のフジと申します。


不躾ではございますが、
こちらから先にリンク集に、
御サイトのリンクを貼らせてもらいました。


・当サイトのデータ

・希望タイトル:なくようぐいす!
・サイトURL:http://yamasiro794ugui.fruitblog.net/
・管理人名:フジ


それでは、失礼致しました。
管理人:フジ

フジさん

こんばんわ!
リンクに加えさせていただきました。
今後とも宜しくお願いいたします。
プロフィール
バリネコ
コメント歓迎であります。

Author:tak

カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
CssTagCloud

GUI  デザイン  ユーザビリティ  書評  やさしい  UI  文章  視認性  お気に入り  発明  個人情報  タスポ  コンペ  WEB  アフォーダンス  あるある  アイコン  タバコ  息子  帰省  1000円  喫煙  価値  人間  テレアポ  発明学会  家具  運が悪い  エコバッグ  ライフサイクル  構造化  自由度  ゲーム  ボタン  メンタルモデル  音楽動画  効果音  家電批評  ヒューマンエラー  ブログ  ケータイ  ユニバーサルデザイン  雑学  ソニータイマー  副都心線  

FC2カウンター
人気記事
広告
ブログ内検索
リンク
オススメ書籍
RSSフィード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。